全日本空挺同志会とは

「挺身赴難」『精鋭無比』の伝統精神の継承により、会員相互の連帯・団結をより強固にするとともに、空挺団等の充実・発展に寄与することを目的として設立されております。

会員の皆様の懸け橋になれるよう、このサイトを運営していきます。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

会員各位の投稿を歓迎します。投稿写真は、写っている方の同意(空挺同志会HPへの掲載)を確実にお願いいたします。送付された時点で、同意があったものとみなします。撮影場所、時期、コメント、会員名をつけてください。ご協力よろしくお願いいたします。(担当:少止:ajcs1abn2740077@gmail.com)

ホームページ開設に当たり

ご挨拶

平成30年4月から同志会のホームページを開設します。同志会の歴史と伝統を広く知らしめ、諸先輩方の同志会に対する熱い思いを未来に繋げるとともに、旧挺、元挺(OB)、現役の自衛官の皆さん、御協力頂いております皆様の一体感、連帯感の醸成の場として、また、相互交流の懸け橋になれば幸いです。今後1年間は、試行錯誤しながら、会員諸氏、各支部等のご提案をいただきながらしっかりとしたものを作って参ります。建設的なご意見、御教示をいただければ幸いです。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。(前会長直海康寛)

「落下傘」最新号(R2.11.13更新)

第455号(令和2年11月1日)(最新号)

〇訓練検閲「第2次空挺団演習」(第3普通科大隊、後方支援隊、降下誘導小隊)

〇東北方予備員降下訓練

〇令和2年 川南護国神社秋季大祭(川南慰霊祭)についてお知らせ(今年度は支部長以下最小人員で行います)

〇2021年空挺カレンダー販売開始

〇挺身赴難「空挺隊員認定証」(岡部副会長、第23代団長、第35代陸幕長)

〇訃報2件

〇令和2年度第3普通科大隊、後方支援隊及び降下誘導小隊:訓練検閲に伴う戦闘射撃実施

〇2普大6中・T3曹 善行褒章状受賞

〇空挺レンジャー課程(226・227期)状況

〇同志会支部だより(各県支部ページに掲載)

〇第138期降下長課程

〇空挺少年団の活動支援

◇米軍機からの降下訓練(習志野演習場で初 米空軍機からの夜間降下)

〇北部方面隊総合戦闘力演習 北の大地で水機団や戦車と協同

〇Video TeleConference 米陸軍第82空挺師団長とのVTC

〇漫画 第10話「空挺後期」

※本号は4ページです。

※団はTwitter、facebookを作成しています。アクセスとフォローをお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第454号(令和2年9月1日)

〇第30代空挺団長 堺陸将補着任 統率方針「即動必遂」、要望事項「一生懸命」

〇令和2年度 高野山慰霊法要

◇追悼の辞(火箱会長)、慰霊法要御芳志者(6団体個人)

〇挺身赴難(川又第7代中央即応集団司令官)

〇第29代空挺団長戒田陸将補御栄転

〇全日本空挺同志会 全国支部長・事務局長 紹介

◇慰霊の詞(熊本県支部支部長 松尾辰蔵)

〇義烈空挺隊と「必通精神」

〇同志会支部だより(各県支部ページに掲載)

〇第23代高級幕僚に長谷川1佐が着任

〇訃報 6件、御礼(篤志厚志)1件、全日本空挺同志会加入者紹介1件

◇令和2年度前期 定期異動者紹介

〇吉田総隊司令官初度視察

〇千葉県自衛隊協力会連合会感謝状受賞(施設中隊、団本部中隊1名)

〇習志野駐屯地司令及び第1空挺団長から感謝状贈呈(6名)

〇新隊員後期教育最盛期

〇第137期降下長課程教育修了

〇空挺教育隊課程教育予定 (●降下長課程(#138)(8/25~10/23)、●空挺レンジャー課程(#226#227)(9/17~11/27)、●基本降下課程(#321)(10/13~11/20)

〇全国各地で予備員降下を実施(北方予備員降下、西方予備員降下)

〇広報担当者集合訓練(空挺館長による語り部教育)

〇令和2年度前期 昇任者紹介

〇米軍機からの降下訓練

〇水上降下訓練実施(3年ぶりに水上降下訓練実現)

〇漫画 第9話「ジェネレーションギャップ」

※本号は8ページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第453号(令和2年7月1日)

〇令和2年度第1次空挺団演習 過酷な地形・気象を克服し任務完遂-第1普通科大隊・施設中隊訓練検閲

〇令和2年度義烈空挺隊慰霊祭

◇追悼の詞(火箱会長、戒田団長)、祭主祭文(沖縄県支部代表桃原浩太郎)

〇挺身赴難(永井第24代空挺団長)

〇令和2年 第65回高野山慰霊祭の延期のお知らせ(HP内別示)

〇義烈空挺隊出撃75周年慰霊祭 健軍駐屯地にて予備員主体で開催

◇慰霊の詞(熊本県支部支部長 松尾辰蔵)

〇義烈空挺隊と「必通精神」

〇同志会支部だより(各県支部ページに掲載)

〇田中賢一氏のご遺族が空挺館に来館

〇訃報 1件(450号、451号の訂正有)

◇コロナ時代に立ち向かう第1空挺団-脅威を正しく認識した上で練度を向上ー

〇令和2年度習志野駐屯地 夏まつりの中止について(お知らせ)

〇春の叙勲受章者の紹介 瑞宝大綬章1名、瑞宝双光章4名、瑞宝単光章1名

〇課程教育等成績優秀隊員紹介 18名

〇漫画 第8話「業務改善」

※本号は4ページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第452号(令和2年5月1日)

〇女性初の空挺隊員誕生 八千代市出身憧れの空挺隊員へ

〇全日本空挺同志会新体制へ

〇同志会表彰者一覧

〇挺身赴難(田中顧問)

〇ご挨拶 会長就任にあたって 第13代全日本空挺同志会長 火箱芳文(別示)

下番するに当たり 前全日本空挺同志会会長 直海康寛(別示)

〇令和2年度 全日本空挺同志会事業計画

〇同志会支部だより(各県支部ページに掲載)

〇全日本空挺同志会加入者紹介 3名

〇篤志厚志 2名

〇訃報 6件

◇落下傘新聞編集員交代

〇全日本空挺同志会加入者紹介 2名

〇コラム「卒寿(90歳)真言僧の嘆き」

〇春の交通安全運動 交通ルールみんなで守って安心・安全

〇空挺団災害派遣

〇令和元年度陸上総隊優秀隊員顕彰式 空挺団から3名が表彰

〇訓練隊等活動成果-初挑戦で3位と健闘ー(剣道)

〇空挺研究会同実施

〇コブラ・ゴールド20 多国間共同訓練実施

〇特科大隊実射検閲(富士) 弾先に総力を集中し任務完遂

〇退官者紹介 1名

◇中内 圭2等陸佐(団本部:2.03.16)

〇令和元年度後期 定期異動者紹介

〇団射撃競技会開催「林」 競技結果

〇降下100回達成者紹介 17名

〇空挺教育隊課程教育等予定

◇基本降下課程(#320:5月13日~6月22日)、降下長課程(#137:5月26日~7月24日)

〇漫画 第7話「早期受診」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第451号(令和2年3月1日)

〇令和2年 第1空挺団降下訓練始め「日米空挺の絆」

☆降下訓練始めの由来

〇全日本空挺同志会新年会

〇挺身赴難(木野村顧問)

〇全日本空挺同志会定例総会・交流懇親会について 総会関連行事の中止

〇同志会支部だより(各県支部ページに掲載)

〇全日本空挺同志会加入者紹介 3名

〇ご厚志・寄付・降下訓練始め樽酒、激励酒に関する御礼

〇訃報 9件

〇課程教育成績優秀者の紹介 10名

〇自衛隊を退職された隊員家族の皆様へ 叙位及び死亡叙勲について

〇ヘリ体験搭乗 空から東京スカイツリーを眺めて

〇駐屯地恒例年忘れ

〇第4次団演習北方積雪地空挺演習 北方積雪地において空挺降下

〇58式10榴がお色直し

〇東方予備員降下訓練実施

☆即応予備自から再度自衛官へ

〇退官者紹介 1名

◇米田徳久2等陸佐(特大:2.02.05)

〇令和2年度後期 昇任者紹介

◇第43回 防衛大臣杯全国自衛隊柔道大会3連覇 団体戦優勝、個人戦3クラス優勝

◇課程教育等成績優秀者紹介 8名

〇習志野駐屯地創設69周年、第1空挺団創立62周年記念行事の自粛のお知らせ

〇訓練隊等活動予定

◇銃剣道(第64回全日本銃剣道優勝大会4月19日予定)

◇拳法(第36回全自衛隊拳法選手権大会3月14・15日予定)

〇空挺教育隊課程教育等予定

◇基本降下課程(#319:1月23日~3月4日)、降下長課程(#136:1月20日~3月17日)、自由降下課程(#147・148:1月16日~3月2日)

〇漫画 第6話「基本と応用」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第450号(令和2年1月1日)

〇謹賀新年 令和2年元旦

☆年頭の辞 会長 直海康寛

☆新年のご挨拶 団長 戒田重雄

〇第1空挺団各部隊長等の挨拶

〇三市自衛隊協力会 紹介

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇特別寄稿 入間基地航空祭を見学して

〇空挺同志首脳会議(空挺サミット)開催

〇川南護国神社秋季大祭開催 11月23日

〇課程教育成績優秀者の紹介 10名

〇令和元年度第3次空挺団演習実施 空挺団 夜間においても能力を最大限発揮

☆島嶼内狭隘部における昼夜間の自由降下、米軍機からの昼夜間の空挺降下、昼夜間の分隊戦闘射撃

〇台風15号・19号及び10月25日の大雨に伴う災害派遣

千葉県災害派遣活動終了を迎える。

〇空挺レンジャー凱旋

〇予備員降下訓練を実施 中方予備員降下

〇隊内生活体験 ヤマハ発動機ジュビロラグビー部

〇退官者紹介 2名

◇佃宗行准陸尉(特大:1.11.13)◇彦田眞一3尉(団本中:1.12.25)

〇剣道部が示した空挺団の実力

◇第68回全国青年剣道大会 団体戦優勝、個人戦優勝

◇関東自衛隊剣道大会 団体戦Aチーム3位、(45段の部)個人戦優勝、(3段以下の部)優勝、3位

〇基本降下課程 第318期卒業

〇訓練隊等活動予定

◇銃剣道(全日本短剣道大会2月16日)

◇拳法(全日本体重別選手権2月23日)

◇持続走(船橋市民駅伝競走大会1月12日、奥むさし駅伝競走大会1月26日、全日本実業団ハーフマラソン2月9日)

◇柔道(全国自衛隊柔道大会2月8.9日)

◇剣道(陸上自衛隊剣道大会2月9日、全国自衛隊剣道大会2月15.16日)

〇令和2年 降下訓練始めのご案内 1月12日午前11時から12時35分

〇秋の叙勲・褒章 瑞宝小綬章1名、瑞宝双光章5名、瑞宝単光章7名

〇漫画 第5話「自己紹介」

□広告協賛企業

(株)江鋼商事、(株)三雅、(株)千葉正直屋、(株)フラーリッシュ・アサヒヤ、みどりの湯、装研(株)、弘済企業(株)、弾力バーグCowBell、船橋グランドホテル、藤倉航装(株)、日本平板印刷(株)、(株)イデア工房、あだちビデオ制作室、(株)LEOGROUP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第449号(令和元年11月1日)

〇台風15号首都圏を直撃

千葉市において最大風速57.5mを観測

〇第64回高野山慰霊祭を開催 厳かな中新たに5柱が合祀

〇「挺身赴難」 第25代空挺団長

〇高野山慰霊祭関連記事

〇川南護国神社秋季大祭(川南慰霊祭)のご案内 令和元年11月22日から

〇第3代副団長 故田中賢一顧問追悼

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇特別寄稿「故郷の空で戦線に赴く兄を母とともに見送った思い出」

〇台風15号に伴う災害派遣活動写真集(千葉県防災隊区)

空挺レンジャー聖地にてボランティア、「台風15号」に伴う空教ボランティア

〇高田司令官 空挺団を視察

〇富士総合火力演習に参加 団本部中隊の隊員6名が空挺降下

〇成田ふるさと祭り

〇秋の交通安全運動

〇写真クラブ「北星会」写真展視察

〇退官者紹介 5名

◇別宮光一郎1尉(1普大:1.10.10)◇園田勝也1尉(1普大:1.10.19)◇三戸信幸3佐(2普大:1.10.22)◇池田孝徳(団本部:1.10.27)◇佐原武文曹長(2普大:1.10.28)

〇国際防衛ラグビー競技会開催 日本初戦でフランスに善戦!勝利への執念を見せた

〇訓練隊等活動予定

◇銃剣道(全関東銃剣道大会9月7日、千葉県民大会10月27日)

◇拳法(全国社会人選手権11月2日、埼玉県選手権大会11月9日、東方自衛隊選手権大会(団体・個人)12月18,19日)

◇ラグビー(トップイーストリーグDiv2 vsJAL11月3日習志野、vsライオン11月10日市原、vs船岡自衛隊11月17日船岡駐屯地、vs丸和運輸12月1日習志野)

◇剣道(全国青年剣道大会11月9,10日、関東自衛隊剣道大会11月23日)

〇訃報 1件

〇降下訓練展示等予定(11月3日入間基地、11月9日立川駐屯地、11月17日防衛大学校、11月11~15日中方予備員降下)

□ 2020年空挺カレンダー販売開始

□ 令和2年降下訓練始め行事のご案内 令和2年1月12日(日)

同志会会員及びご家族の皆様への案内があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第448号(令和元年9月1日)

〇習志野の夜空に広がる大輪の華

習志野駐屯地夏祭り 延べ4万4千人を超える来場者

〇第44回秩父宮杯富士登山駅伝大会 『準優勝』

〇令和元年度前期 「昇任者紹介」「定期異動者紹介」

〇第7代陸自最先任上級曹長に根本准尉が就任

〇空挺サミット (令和元年7月23日)

〇「田中賢一氏」 逝く

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇新隊員教育最盛期

〇第1次空挺団演習

〇全国各地で予備員降下を実施 ◆西方予備員降下 ◆北方予備員降下

〇基本降下課程 第317期

〇空挺レンジャー凱旋 第220・221期

〇空挺少年団 (7月13日から15日 夏季キャンプ)

〇マリンフェスタ2019 in FUNABASHI

〇体内生活体験 (全日本柔道男子日本代表選手団体内生活を体験)

〇自衛隊プレミアムボデイ2019(自衛隊”肉体NO.1”決定戦)

〇退官者紹介 3名

◇森章人1佐(団本部:1.8.9)◇久保田学准尉(1普大:1.7.7)◇緒方公一曹長(特大:1.8.23)

■【広告】有限会社 土屋建材

〇訓練隊等活動予定

◇銃剣道(全関東銃剣道大会9月7日、千葉県民大会10月27日)

◇拳法(全日本総合選手権大会9月22日、全日本社会人選手権10月14日)

◇ラグビー(国際防衛ラグビー競技会(IDRC)9月9日~23日)(トップイーストリーグDiv2 vsサントリーフーズ10月6日、vs大塚刷毛10月13日、vsあいおい損保10月20日)

◇持続走(全自陸上競技会10月17日)

◇剣道(全日本官公庁大会10月19日、総和剣道大会10月27日)

◇柔道(国民体育大会10月6日、千葉県民大会10月20日)

〇訃報 3件

〇降下訓練展示等予定(9月29日帯広駐屯地、10月14~18日東北方予備員降下、10月26日下總航空基地)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第447号(令和元年7月11日)

〇米国の地に咲き開く落下傘

(アークティック・オーロラ19)アラスカ米陸軍との共同訓練

◇義烈空挺隊慰霊祭(「祭文」「追悼の詞」全文掲示)

◇健軍出撃74周年慰霊祭(「祭文」「追悼の詞」全文掲示)

◇義烈沖縄慰霊祭(「追悼の辞」全文掲示)

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇浅草・三社祭

〇令和元年度春季東富士演習場定期整備

〇部隊見学(学生が自衛隊の職場を体験)

〇体内生活体験(新規採用職員が体内生活を体験)

〇全国各地で展示降下を実施

◆水陸機動団創隊1周年及び相浦駐屯地創立64周年記念行事 4月28日

◆エアーメモリアルinかのや2019 4月27,28日

◆下志津駐屯地創設64周年記念行事(つつじ祭り) 4月29日

◆第7師団相対64周年・東千歳駐屯地創立65周年記念行事 5月26日

〇全日本空挺同志会加入者紹介 4名

佐々木1佐、八木1尉、山口准尉、渡邊准尉

〇空挺少年団(創立50周年を祝う、春季キャンプ)

〇曹友会が美化ボランティア活動実施

〇春の交通安全運動

〇退官者紹介 4名

◇土山1尉(2普大:1.5.7)◇山口准尉(1普大:1.5.27)◇渡邊誠也准尉(3普大:1.5.20)◇星曹長(施設中:1.6.27)

〇国際防衛ラグビー競技会(IDRC)

〇 行事案内

◇習志野駐屯地 夏祭り 時期:令和元年8月3日(土)

〇訓練隊等活動予定

◇銃剣道(関東青少年大会7月13日、松戸市民大会7月28日、全日本青少年大会8月1日、全日本選手権大会8月2日)

◇柔道 (東日本実業団柔道大会7月28日)

◇持続走 (富士登山駅伝大会8月4日)

〇訃報 3件

〇2019年春の叙勲受章者の紹介

◇瑞宝双光章 家入政寛氏(122期)、河内迫晴美氏(122期)、工藤一則氏(122期)

◇瑞宝単光章 石井(藤田)敏明氏(128期)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第446号(令和元年5月1日)

〇駐屯地・空挺団創立記念行事

(習志野駐屯地創設68周年、第1空挺団創立61周年記念行事)

◇全日本空挺同志会総会・交流懇親会開催 (別掲)

◇感謝状贈呈(駐屯地指令感謝状2名、第1空挺団長感謝状4名)

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇第7回 房総を歩こう会のご案内 令和元年6月1日~2日

〇冊子「高野山『空』の墓碑について」の頒布について

〇空挺少年団 終了式

◇平成30年度陸上総隊優秀隊員顕彰式 空挺団から3名が受賞

〇第22代高級幕僚に入江1佐が着任

〇団最先任上級曹長交代式

〇平成30年度後期 定期異動者紹介

〇全国予備員降下訓練 4月2日から5日

〇空挺研究会同実施

〇基本降下課程 3月1日卒業 同志会長による「空挺同志会員章」を授与

〇退官者紹介 6名

◇佐々木1佐(空教:31.3.23)◇石本2佐(3普大:31.3.23)◇八木1尉(団空教:31.4.14)◇小宮山准尉(施設中:31.3.7)◇原口曹長(1普大:31.4.9)◇北口曹長(後支隊:31.4.10)

〇平成30年度 団ラグビー競技会「火」 第2普通科大隊が優勝

〇第25回全自衛隊レスリング大会

◇3人制団体戦「優勝」

◇個人戦 61kg「優勝」、77kg「優勝」

〇祝 降下100回達成者 31名

〇 行事案内

◇令和元年 義烈空挺隊慰霊祭 空挺隊出撃後の慰霊祭ご案内 時期:令和元年5月25日(土)

◇令和元年 義烈空挺隊慰霊祭 開催のご案内 時期:令和元年6月8日(土)

◇令和元年 高野山慰霊祭行事開催のお知らせ 時期:令和元年9月7日(土)~8日(日):申し込みは7月12日(金)まで

◇令和元年 川南護国神社秋季大祭 時期:令和元年11月22日(土)~23日(日)

〇空挺教育隊課程教育等予定

◇基本降下課程(#317) (4月25日~6月6日)

◇降下長課程(#134)(5月15日~7月10日)

◇空挺レンジャー課程(#220・221)(4月18日~6月28日)

〇訓練隊等活動状況成果 剣道、持続走

〇集合訓練隊活動予定

◇ラグビー 日体大カップ(6月29日)

◇拳法 千葉選手権大会(6月9日)

◇持続走 東日本実業団選手権(5月19日)

◇剣道 東京官公庁大会(6月22日)

〇訃報 2件

〇全日本空挺同志会事務連絡員交代

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第445号(平成31年3月1日)

〇平成31年第1空挺団降下訓練始め

◇平成31年全日本空挺同志会新年会

◇香椎会報告

〇同志会からの御礼

〇「高野山『空』の墓碑について」発刊(高野山委員長)

〇駐屯地恒例 年忘れ

〇空挺館一般開放(平成30年11月10日)

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇平成30年度後期 昇任者紹介

〇派遣海賊対処行動支援隊隊員帰国

〇東方予備員降下 105名

◇祝ラスト降下 7名

〇「風」平成30年度 団持続走協議会

特科大隊第2中隊が優勝(4連覇)

〇第61回全自ラグビー大会 惜しくも1点届かず準優勝

〇平成30年度 第4次団演習 北方積雪地演習

〇退官者紹介

◇津田陸曹長(団本中:31.2.19)

〇習志野駐屯地創設68周年 第1空挺団創立61周年記念行事

開催のお知らせ 時期:平成31年3月31日(日)

〇空挺教育隊課程教育等予定

◇基本降下課程(#316) (1月23日~3月4日)

◇降下長課程(#133)(1月17日~3月20日)

◇自由降下課程(#145・146)(1月18日~3月1日)

〇訓練隊等活動状況成果 剣道、持続走

〇集合訓練隊活動予定

◇銃剣道 第11回東日本剣道大会(3月3日)

第63回全日本銃剣道優勝大会(4月21日)

◇拳法 第35回全自衛隊拳法選手権大会(3月16、17日)

◇持続走 順天堂大学記録会(3月23日)、

第38回佐倉マラソン(3月24日)

〇訃報 5件

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第444号(平成31年1月1日)

〇謹賀新年

◇年頭の辞 会長 直海 康寛

◇新年のご挨拶 第1空挺団長兼ね習志野駐屯地司令 戒田 重雄

〇第1空挺団各部隊長等の挨拶

〇新年のご挨拶 全日本空挺同志会(本部、各支部)、3市自衛隊協力会

〇第33代副団長 三塚1佐着任 (平成30年12月1日付)

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇川南護国神社秋季大祭開催

〇香椎会 空挺の大先輩 田中賢一 顧問(100歳)を陣中見舞い

〇日本で初めて、米軍輸送機から国内演習場に降投下

平成30年度 第3次空挺団演習

〇山之上第25代空挺団長を囲む会

〇新型輸送機C-2習志野演習場において初降下

〇空挺レンジャー課程(第218,219期)、基本降下課程(第315期)

〇退官者紹介

◇藤島1佐(団本部:30.12.22)      ◇大沼3尉(後支隊:30.11.5)      ◇木村准尉(後支隊:30.12.26)    ◇長谷川曹長(1普大:30.11.30)     ◇三浦曹長(団本中:30.12.28)

〇異動者紹介 16名

〇平成31年降下訓練始め行事のご案内  時期:平成31年1月13日(日)

〇現役会員の方へ 連絡希望

◇ 降下回数認定証 ◇生前合祀登録依頼書 ◇落下傘新聞の退職者紹介

〇秋の叙勲・褒章

◇ 瑞宝中綬章 直海康寛氏 ◇瑞宝小綬章 山縣正明氏、小津光由氏

◇ 瑞宝双光章 正木新市氏 ◇瑞宝単光章 遠藤強氏、吉村忠美氏

〇第42回全国自衛隊柔道大会 2連覇

〇集合訓練隊等活動状況

〇集合訓練隊活動予定

◇銃剣道 全日本短剣道大会(2月17日)

◇拳法 全日本体重別選手権(2月17日)

◇剣道 関東自衛隊剣道大会(1月26日)、陸上自衛隊剣道大会(2月16日)、全国自衛隊剣道大会(2月23,24日)

◇持続走 船橋市民駅伝競走大会(1月13日)、実業団ハーフマラソン(2月10日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第443号(平成30年11月1日)

〇第2次団演習「富士に練磨を重ねる」訓練検閲。22年ぶりの北富士降下を実施

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇第63回高野山慰霊祭開催 8柱が新合祀、厳かに執り行われる。

・写真で見る高野山慰霊祭       ・遺族代表挨拶、祭主祭文、追悼の辞   (「高野山『空』の墓碑について」冊子を作成)

〇川南護国神社秋季大祭(川南慰霊祭)のご案内

〇住田司令官空挺団を視察

〇自衛隊記念日観閲式

〇東北の空挺達が霞目に集う(東北方面区内空挺予備員降下訓練:9月2日から7日)

〇富士総合火力演習に参加「天候不良により降下断念」

〇第39回九都県市合同防災訓練(千葉県会場)

〇船橋ハワイアンフェスタ(「ふなばしハワイアンフェスタ2018」を支援)

〇生活体験を支援(山武市、芝山市)

〇2019空挺カレンダー販売開始    1部1000円 同志会連絡所まで

〇平成31年降下訓練始め行事のご案内  時期:平成31年1月13日(日)

〇退官者紹介

◇金中曹長(団本中:30.9.1)      ◇辻曹長(後支隊:30.9.30)      ◇松下曹長(3普大:30.10.22)     ◇長谷部曹長(後支隊:30.10.27)

〇秋の交通安全運動

〇訃報 5件

〇第55回 東日本実業団柔道団体対抗大会 団体戦3部初優勝(来年度2部昇格決定):柔道訓練隊

〇降下訓練展示予定 11月3日入間基地 11月11日防大 12月2日新田原基地

〇訓練隊等成果、集合訓練隊活動予定

ーーーーーーーーーーーーーーーー

第442号(平成30年9月1日)

〇夏の夜空に大輪の華 習志野駐屯地夏祭りー延べ66,000人を超える来場者

〇同志会支部だより(同志会ページに掲載)

〇コラム 「騎兵の父 秋山好古」

〇平成30年度前期 昇任者、定期異動者紹介

〇空挺少年団 団員全員が富士山頂に登頂

〇生活体験を支援 中央学院大学陸上部

〇団本部庁舎塗装

〇第2回自衛隊ベストボディ2018

〇西方予備員降下訓練(7月19日から7月30日)

〇アラスカ米陸軍との共同訓練(5月28日から6月30日:米アラスカ州)

〇派遣海賊対処行動支援隊

〇空挺レンジャー凱旋(5月17日から)

〇退官者紹介◇浅利准尉(空教:30.7.4)◇川端曹長(2大:30.7.4)◇吉田曹長(団本中:30.7.23)◇白石准尉(施設中:30.8.3)◇桒山曹長(3大:30.8.6)

〇訃報 1件

〇新たな「語り部」育成中(後方業務集合訓練(空挺館説明))

〇新隊員後期教育最盛期

〇第43回秩父宮杯富士登山駅伝 空挺団チーム5位入賞)

〇訓練隊等成果、集合訓練隊活動予定

◎高野山『空』の墓碑 冊子作製 (細部別掲示)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第441号 〇 霊峰富士に舞い降りる落下傘(施設・通信中隊検閲)(H30.07.01)  平成30年度第一次団演習
〇 義烈空挺隊慰霊祭(H30.06.02) 関連記事あり
〇 アークテイック・オーロラ18

〇 健軍出撃73周年慰霊祭(H30.05.19)
〇 田中賢一顧問の百寿の祝い(H30.06.01)
〇 「血染めの髑髏旗」長谷部少尉の親族が来館
〇 空挺サミット開催(H30.05.24)
〇 同志会支部だより(千葉、広島、新潟、中京、大分、福島、山形、秋田、埼玉、四国連合、高知、近畿連合、鹿児島、茨城の各支部)          〇 訃報5件                              〇 他、富士演習場定期整備、マリンフェスタ2018、利根川水防演習     〇 教育:第314基本降下課程、214,215期空挺レンジャー課程       〇 退官者紹介                             ◇ 吉田篤史(団本部:30.05.05)◇ 工藤幸博准陸尉(空教隊:30.06.02)◇ 渡邉次男准陸尉(空教隊:30.06.25)

〇ラッパ戦技競技会                           〇 集合訓練隊活動状況                         〇 駐屯地夏祭り 8月4日(土)5日(日)               〇 高野山慰霊祭のご案内(9月2日(日)0910-1130

———————————————-

第440号 〇 第29代空挺団長 戒田陸将補着任
(H30.05.01)  統率方針「任務必遂」要望事項「一所懸命」
〇 駐屯地・空挺団創立記念行事
習志野駐屯地創立67周年、第1空挺団創立60周年
〇 平成30年 全日本空挺同志会総会・交流懇親会開催

〇 全国支部長・事務局長紹介
〇 同志会支部だより
〇 陸上総隊編成完結
〇 バトラー競技会開催--2普大5中隊が優勝--
〇 平成29年度後期・定期異動者紹介                  〇 空挺研究会同実施                          〇 退官者紹介                             ◇ 国井松司副団長(団本部:30.03.23)◇ 中島基樹准陸尉(2普大:30.03.03)◇ 末吉健一准陸尉(1普大:30.03.21)◇ 田向勝則陸曹長(1普大:30.03.27)◇ 岡光辰彦3等陸尉(3普大:30.04.08)◇ 岸上尚治陸曹長(3普大:30.04.13)

〇 集合訓練隊活動予定                         〇 駐屯地夏祭り予告 8月4日(土)5日(日)開催決定

———————————————-

第439号 〇 「大空に舞う日米の傘の華」
(H30.03.01)  小野寺防衛大臣に訓練披露--新春の青空の下、約6千人が来場--
〇 北方積雪地空挺演習
--冬季戦技能力の向上を図る--
〇 平成30年 全日本空挺同志会新年会
〇 同志会支部だより
〇 駐屯地恒例年忘れ
〇 幹部候補生歓迎行事--先輩幹部から受け継ぐ「生涯の記憶」--
〇 東方予備員降下実施
〇 退官者紹介 ◇ 石丸曹長(特科大隊)
◇ 征矢曹長(第3普通科大隊)

同志会支部だより

第455号(R2.11.1)(最新号)

〇広島県支部 第13旅団長・児玉陸将補を表敬訪問

〇山梨県支部 空挺徽章の誇り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第454号(R2.9.1)

〇北海道連合支部 北部方面総監を表敬訪問

〇沖縄県支部 新たな精鋭を迎えて

〇高知県支部 高知市護国神社、鎮魂際に参加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第453号(R2.7.1)

〇山形県支部 空挺農園の野菜を同志会の皆様へ

1件掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第452号(R2.5.1)

〇高知県支部 新年互例会に参加

〇茨城県支部 空挺予備員の激励

〇山形県支部 支部新年会

〇神奈川県支部 令和元年度神奈川県空挺同志会創立記念行事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第451号(R2.3.1)

〇山形県支部 降下訓練始めに参加して

〇京滋支部 予備員降下激励

〇静岡県支部 令和元年度新年会

〇近畿連合支部 令和元年度役員会及び忘年会

〇神奈川県支部 降下訓練始め 感想文2件

〇青森県支部 支部総会・懇親会

〇高知県支部 新生高知県支部忘年会開催

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第450号(R2.1.1)

〇沖縄県支部 読谷村「義烈空挺玉砕の地」慰霊碑の整備

〇近畿連合支部 高野山「空」の墓碑の説明・案内について

〇高知県支部 高知県戦没者追悼式に参加して

☆御礼 篤志厚志 3名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第449号(R1.11.1)

〇高知県支部 新生 高知県支部発足

〇静岡県支部 ・浜松救難隊訪問・富士登山駅伝チームを激励

〇大分県支部 令和元年度西方予備員降下訓練 最終降下者3名

〇新潟県支部 ・支部総会・懇親会

〇山形県支部 空挺農園夏の収穫祭

〇福島県支部 支部総会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第448号(R1.9.1)

〇静岡県支部 ・空挺勤務への意欲 ・やったぜ!!空挺隊員 ・総会・親睦会実施

〇千葉県支部 老レンジャー初夏の房総に集う

〇三重県支部 令和元年度定例総会

〇鹿児島県支部 展示降下部隊激励及び支部総会

〇岡山県支部 支部総会・懇親会

〇福岡県支部 支部総会及び総会

〇宮城県支部 令和元年度支部総会開催

〇茨城県支部 令和元年茨城空挺同志会総会及び懇親会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第447号(R1.7.11)

〇大分県支部 総会・懇親会

〇広島県支部 総会及び懇親会

〇四国連合支部 展示降下部隊激励懇親会及び支部総会

〇近畿連合支部 総会・懇親会

〇十条支部 十条駐屯地懇親会

〇埼玉県支部 転出者送別会

〇秋田県支部 総会及び特攻隊慰霊祭参加

〇高知県支部 海自慰霊祭に参加

〇東京都支部 濱田1佐歓迎会

〇静岡県支部 ・憧れの空挺隊員へ  ・3曹教入校学生激励

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

会長挨拶(会長就任に当たって)

第13代全日本空挺同志会 会長 火箱芳文

全日本空挺同会は約60年前に旧軍の落下傘部隊出身者と第1空挺団所属隊員の連帯、団結、親和を目的に発足したときいていおります。「挺身赴難」の精神を持つ旧落下傘部隊の有志の方々とその伝統を継承・発展すべき陸自唯一の落下傘部隊である第1空挺団との相互の連帯を主に活動を開始し、今や諸先輩たちの努力により、現役会員、遺族会員、家族会員、特別会員を含む全国規模の大きな組織に発展してきました。しかしながら近年旧軍出身者及び第1空挺団草創期の方々も高齢化し、鬼籍に入られる方も多く、残念ながら会勢の増加に至っておりません。また戦後生まれのうち、昭和後期から平成生まれの自衛官も多く入隊され、空挺同志会の存在意義や「挺身赴難」という伝統精神に対する理解不足、希薄化なども仄聞しています。会長就任に当たり伝統精神の継承、旧軍落下傘部隊の慰霊・顕彰、旧挺・元挺会員、遺族・家族会員、特別会員と現役会員との連帯意識の高揚、会勢の拡大を如何にするべきか真摯に考え、更なる全日本空挺同志会の活性化に寄与したいと考えております。渡邊第2代空挺団長は「創造なき伝統は危殆に瀕す」と遺しておられます。この意味は今まで約60年間培ってきたことを毎年、毎年新たな気持ちで繰り返していかなければ、伝統は続かないということであります。「挺身赴難」という伝統精神に支えられてこそ落下傘部隊の使命は達成できるものであります。またこの精神を理解し、習得している第1空挺団員及び予備員こそが、陸上自衛隊の全隊員の指標となりえるものと確信しています。この精神の継承、伝承のため、同志会の事業を総点検、検討しつつ護るべき伝統をさらに強固に更新・堅持し、改善すべき点は新たな視点で創造していく所存であります。